保険相談をする前に口コミでチェックしておこう

病気で加入できる保険

ハート

加入できる保険を考える

保険は万が一の場合があった場合の家族への保障や、病気やケガで入院をしてしまった場合の保障の為に加入するものです。加入の際には現在の健康状態を保険会社に知らせる必要があります。これを告知や診査といいますが、これにより保険会社は加入の可否を判断します。つまり過去に重い病気をした人や直近で入院や手術した人は、加入できなかったり、または加入の際に通常よりも高い保険料を支払う可能性もあります。現在は2人に1人が罹患するというがんですが、これに罹患をしてしまうと通常はどの保険にも加入する事が出来ません。しかし将来の葬儀代等の準備はしたい、もしくはがん以外の病気の保障がほしいという方やニーズはあります。そこで保険業界で発売されている保険が、がんに罹患した方でも入れる保険として、無選択型の保険があります。これは健康状態の告知等がない為に、がんに罹患した人のみならずどなたでも入れる保険となっています。人の選択をしないという点で、無選択と呼びます。またこれ以外にも持病等を持っている人が入れる保険として、限定型保険があります。これは告知を限定するタイプと保障を限定するタイプがありますが、先ほどの無選択型よりも保険料が安く内容が良い場合が多く、がんのような病気の罹患者でも入れる保険として、近年加入する人は増えています。このような商品は様々な保険会社が発売していますので、まずはどの保障を望むのか、またどの程度の保険料を払えるのかを考え、しっかり比較検討する必要があります。